Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.101 ワイナリーの歩き方:サンタバーバラ訪問記〜day2


Fiddlestix Vineyard

Wine Ghetto

Katheyさん

ズラリ並んだワイン

Cristal

センスいい!

サンタバーバラワイナリー巡り、今日はかの有名なワイン・ゲットーに潜入です。

ワイン・ゲットーとはロンポークの街にある倉庫街の通 称。外から見ると本当にただの倉庫群にしか見えません。しかしここにはブリュワー・クリフトン、ロンゴリア、ストルプマン、シースモークなど、そうそうたるワイナリーが軒を並べているのです。今回はその中のフィドルヘッド(Fiddlehead Cellars)とパルミナ(Palmina)を訪問しました。

【 畑見物 】

フィドルヘッドはサンタバーバラのサンタリタヒルズ地区に畑も持っているワイナリー。訪問前に時間があったのでちょっと畑をひやかしに行ってみました。

場所はサンフォードのあるサンタローザ・ロード沿い。728のマイルマーカーが目印です。一面 に広がる葡萄畑は予想以上に広大。あまりにも広すぎるのでベリンジャーと共同所有しているそうです。

フィドルヘッドのオーナー兼ワインメーカーのキャシーさんは笑顔がとても素敵な方。この日はオレゴンの畑へ移動する直前だったにも関わらず、とても丁寧に対応してくれました。

【 機材にも愛情いっぱい 】

ワイナリーの中は清潔感あふれ、機材が整然と並ぶ。よーく見るとタンクや機械に「No Name」や「Nokia」のシールが。聞けばキャシーさんは機材に名前をつけているのだという。

ちなみに「Nokia」はステンレススチールタンクの名前。ノキアの携帯を落っことしてしまったことからきているのだとか。うーむ、やはりタンクの中には色んなものが落下しているようですね…。

【 畳ワイン 】

フィドルヘッドが造るのはソービニオンブランとピノノアール。葡萄はサンタリタヒルズの自社畑と、オレゴンから葡萄を購入しています。

この日は丁度収穫祭の後日ということで、ものすごい量 のボトルが並んでいました。これを全部試飲出来るとは。うれしい反面、最後までいけるかちょっと心配。量 をセーブしながらいざ試飲です。

一番印象に残っているのは1997 Sauvignon Blanc Barrells。なんと、新しい畳の香りがするのです。「これはまさしく畳の香り。日本人にはたまらん香りなんですよ〜。」と一生懸命説明したけど、はたして判ってもらえたでしょうか?

この日試飲したワインはどれも、きれいでさわやかで自然を感じるワイン。キャシーさんのホスピタリティも素晴らしく、大満足でワイナリーを後にしました。

【 笑顔にノックアウト 】

フィドルヘッドから徒歩で100mほど移動して、次はパルミナ(Palmina)へ。ここは言わずと知れたブリューワー・クリフトンのスティーブ・クリフトンさんのワイナリー。リーズナブルで美味しいイタリア品種のワインで定評があります。

この日試飲の相手をしてくれたのはスティーブの奥さんのクリスタル。初めて会って目が点!超かわいい!!クリスタルという名前の通 りのきれいな目。チャーミングな笑顔。

彼女とスティーブのなれそめは、クリスタルがイタリア滞在費用を溜めるためにパルミナでバイトをはじめたことだという。彼女が面 接に来たらそりゃー即採用でしょう。

お出かけ直前のスティーブさんにも挨拶しましたが、写 真で見るより全然男前。美男美女カップルです。

【 センス抜群 】

パルミナのワイナリーも外観は只の倉庫なんですが、一歩中に入ると雰囲気一転。居心地の良いリビングルームのようなオフィス。暖かみがあってちょっとシックな内装。センスの良さが感じられます。

試飲にはクリスタルお勧めのおつまみも用意。これがすごくワインに合って美味しい。料理を作るのも大好きだし、色んな国の料理を食べるのも大好きだという二人。スティーブは来日の際、朝4時起きで築地に繰り出したというツワモノ。

そんな二人の作るワインは本当にカジュアルな中にもエレガントさのある食事と合わせやすい味。 白で一番良かったのはクリスタルのオリジナルブランド、ボタセア(Botasea)のシャルドネ。ステンレススチール発酵のみのこのワインは酸味がさわやか、シトラスやライムの香り、ミネラル風味。

赤では2004 Palmina Mattiaが一番。これは二人の結婚式のために、イタリアの地元のワイナリーが作ってくれたワインと同じブレンドにしてあるという。二人にとっても思い出のワイン。 他のワインも全て美味しく、さらに値段が$20台中心とリーズナブル。

ワイナリーの雰囲気、ホスピタリティー、ワイン、どれをとってもセンス良く、とても魅力的。二人にはまたぜひ会いたいと思わせる訪問でした。

サンタバーバラのフォトギャラリーはこちら

つづく

2005.12.9

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。