Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.116 スクリーミングイーグル売却


 

Screaming Eagle のラベル

 

なんと、スクリーミングイーグル(Screaming Eagle)が売却されたそうです。

【 トップカルト 】

スクリーミングイーグルといえばカリフォルニアのカルトワインの中でも伝説的超カルト。ワイナリーと畑があるのはナパバレー、オークビル地区。オーナーはJean Phillips女史、ワインメーカーはあのカリスマワインメーカーHeidi Barrett女史です。

年間総生産量 わずか600ケースというスクリーミングイーグルのカベルネソービニヨンはリリース時の値段が驚きの$300。さらに市場では$1500以上(一本がですよ!)で取り引きされています。

そんなトップカルトワイナリーが売却されたというのですから、カリフォルニアワイン業界は騒然としました。一体誰が、いくらで買収したのでしょうか?そしてPhillips女史は何故ワイナリーを手放してしまったのでしょう?

【 NBA業界 】

ワインスペクテーター誌によると買収したのはCharles BanksとStanley Kroenkeの二人。Charles BanksはNBAプレーヤーのマニーマネージャー(Money Manager)。そしてStanly KroenkeはNBAチーム、デンバーナゲッツのオーナーです。

Kroenke氏はさらにコロラド・アバランチ・ホッケー・チームとペプシセンターアリーナも所有。そして彼の奥様Ann Walton Kroenkeはあのウォールマートの後継者。「この一件にはウォールマートが絡んでいるのか?」という憶測が流れましたがBanks氏はそれを否定しているそうです。

【 ワイン業界へ参入 】

スポーツ業界というワインとは全く関係ない二人による買収のように見えますが、実はBanks氏は既に2000年にサンタバーバラ・カウンティのサンタイネズバレーに80エーカーの畑を購入し、ワイナリーを設立させています。

コンサルタントに迎えたのはあのミッシェル・ローラン氏。未だ名前も決まっていないワイナリーですが、現在2004年、2005年ビンテージを醸造中とのこと。(個人的にはこのワイナリーも気になります。)

【 20億円? 】

オーナーのPhillips女史からワインスペクテーター誌に宛てられた手紙には「私はわたしの美しい畑とワイナリーを売却しました。ある方からオファーが来て、わたしは第一線を離れる時期が来たと思ったのです。皆様御承知の通 り、ワイナリーと家、そして畑は再構築する必要があります。その長期に及ぶプロセスのまっただ中、この選択肢が来たのです。これは本当に難しい決断でした。」と書かれていたそうです。

今年のはじめにワインスペクテーター誌がPhillips女史にインタビューした時、彼女は60エーカーの畑の植え替えで非常に大きな決代を迫られていたといいます。

今回の買収の内容は非公開ですが、その買収額はおそらく2000〜3000万ドル(20〜30億円)と言われています。また1から畑を作り上げるよりも、キャッシュをとったということでしょうか。

ちなみにNBAのトップ選手の年俸は20億円を超えますから、Kroenke氏とBanks氏にとっては新たに選手を1人獲得したのと同じようなものなのでしょう。

【 今まで通 り 】

さて気になるワイナリーの今後。60エーカーの畑は今よりももっと生産量 を増やせる広さなのですが、Banks氏は今まで通り、全く何もかえるつもりはないそうです。

ワインメーカーのHeidiについても「彼女は素晴らしいワインメーカーです。彼女が居たいと思ってくれる限り、引き続きワインメーカーとして残ります。」と言っています。

とりあえず、スクリーミングイーグルが激変するようなことは無さそうですね。

2006.4.7

 


[2002] スクリーミング・イーグル 750ml[2002] Screaming Eagle 750ml

[2002] スクリーミング・イーグル 750ml 価格 260,000円 (税込273,000円) 送料別

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。