Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.57 これであなたもワインメーカー:クラッシュパッド

 

 

 

 

ワインにはまった者誰もが一度は夢見ること、それは「ワインメーカーになりたい」ということではないでしょうか?

何を隠そう実は私もたまに「カリフォルニアのサンタバーバラあたりに畑と家を買ってワイナリーを始めたいなー。そしたらでっかい犬を2匹飼って、畑を一緒に回って葡萄の世話をして、休日は馬に乗ってワインカントリーを散策するんだ〜。」なんて妄想してみたりしちゃってます。

でも実際ワイン作りのワの字も知らないし、そもそもワイン作りはそんな優雅なものじゃなくて肉体労働だし、収穫の時期となれば全身ま紫になりながら不眠不休だし、酒関連の免許もとらないといけないみたいだし、それよりなによりワイナリーを立ち上げられるだけの資本が無いのでお話しにならないのです。

【 全てサポートします 】

ところがそんな私でもワインが造れてしまう会社がサンフランシスコにありました!それがクラッシュパッド(Crushpad)です。

クラッシュパッドはワインを造りたいと思う個人、レストラン、小売店、葡萄畑のオーナー等に低資本でワインを造れる施設とサービスを提供する会社。

ワインメーカー向けにワイン醸造施設を貸し出すサービスは今までにもありましたが、クラッシュパッドが大きく異なるのは素人相手に一から十までワイン造りをサポートしてくれる点です。

【 一流のもの揃えてます 】

原料の葡萄から、ワイン醸造設備、スタッフ、ワインメーキングのコンサルタント、ラベルデザイン、販売までの全行程をクラッシュパッドが提供してくれます。そしてそのどれもが一流のもの。

専任ワインメーカーには元SiduriとNovyのアシスタントワインメーカーだったScott Shapley氏、そして元Clos du ValのワインメーカーでOpus Oneでの経験もあるKian Tavacoli氏が。

さらにコンサルティング・ワインメーカーとしてはあのLoring Wine CompanyのBrian Loring氏がスタッフになっているのです。「自分のワインというよりもLoring氏のワインを作って欲しいかも。。。」とまで思ってしまいます。

葡萄はカリフォルニア全土から一流の畑をセレクト。ワインスペクテーター誌やワインアドボケート誌で90点以上をマークする畑の葡萄を提供しているそうです。通 常これらの畑で作られたワインは$30〜$80で販売されているそうなので、美味しいワインが出来たら大儲けも夢じゃないかも!?

【 クラッシュパッド30 】

さて実際どのようにワインが造られるかというと、クラッシュパッドではまず顧客に30の質問に答えてもらいます。

「どんなスタイルのワインを作りたいか?」「葡萄品種は?」「酵母は何を使うか?」「樽発酵か、タンク発酵か?」「マロラクティック発酵はするか?」等の質問に答えた後、ワイン造りの計画を作成し、その計画に沿ってクラッシュパッドのスタッフと共にワイン造りを行います。

「自分で全部やりたい!」という人にはもちろん全身ま紫になりながらワイン作りをするのもオッケー。判らないことがあればスタッフがサポートしてくれます。

【 コストも悪くない 】

気になるお値段はというと、ボトルあたりの平均コストは$12〜$14。最低オーダーが1バレル(約25ケース、または300本)なので最低コストは$3600〜$4000だそうです。

でも300本ものワインどーすんの?と思ったアナタ、クラッシュパッドではそれもしっかりサポート。通 常ワインを販売するには酒販免許が必要ですが、クラッシュパッドは酒販ライセンスを取得している施設なのでクラッシュパッドで作られたワインは販売することが出来るそうです。マーケティングサポートもしっかり用意されています。

一般庶民にも手が届くこの値段、そして最高のスタッフと考えぬ かれたサービス。サンフランシスコ近郊に住んでいたらワイン作っちゃうかも!

Crushpad
1890 Bryant - #102
San Francisco, CA 94110
415-864-4232
415-276-8964 (fax)
http://www.crushpadwine.com/

2005.2.3

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪

site designed by: mimi iijima design

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。