Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.97 ワイナリーの歩き方:ソノマ訪問記〜day2

Roshamboのワイン

アートなテイスティングルーム

Quiviraの素敵なおじさん

Geyser Peak

Localsの看板が

Robert Youngのワイン

Willi's Seafood Bar

ソノマ2日目。今日のテーマは安くて美味しいワインの発掘。朝一番…と言いたい所ですが、あまりの疲労に昼まで爆睡してしまったので昼一番で出発です。

【 じゃんけんワイン 】

まず向かったのはロッシャンボー。ロッシャンボーとは西海岸のスラングで「じゃんけん」という意味。ラベルにもグーチョキパーの絵が書かれていてイケてる感じ。なんとなく「小さなワイナリーかな?」と思っていたら、近代美術館のようなワイナリーが登場。

テイスティングルームの中はアート一色。ギャラリーも兼ねてるらしく、アーティストの作品が展示されています。共同オーナーの一人、Naomiさん(日本人とのハーフ)がアーティストだそう。なるほど納得です。

試飲は無料。特に良かったのは2004 Chardonnay ($18)。100%ステンレススチール発酵。フルーティ、蜂蜜ヨーグルトのようなさわやかな酸味と甘味、キレも良く美味しい。そして2002 Zinfandel ($21)はドライなタイプのジンファンデル。肉の風味、血の香り。甘いスペアリブに合わせたい。

ここのワインはとにかくどれも美味しい。ドライで食事に合わせやすいタイプ。価格も$10〜$20とリーズナブル。お洒落だし、美味しいし、ちょっとしたギフトにも喜ばれそう。

【 信頼できるキビーラ 】

次のワイナリー目指してWest Dry Creek Roadを北上。カーブの続く農道のような道の両脇は一面の葡萄畑。いかにもワインカントリーな道です。走っているとラファネリのマークのある葡萄畑が。ラファネリはカベルネとジンファンデルで有名なワイナリー。訪問はアポイントのみなので畑を見物してさらに北上。キビーラを目指します。

キビーラは以前ワインバーのお兄さんに勧められ飲み、上品なジンファンデルが印象に残っていました。ワイナリーでもやはり2003 Zinfandel Dry Creek Valley ($20)が美味しい。牛ヒレ肉に合いそうな、とてもエレガントなジン。試飲をしてくれたおじさんもダンディーな上品さがとても素敵。

キビーラでは全ての畑にバイオダイナミック農法を採用しているそう。ここのワインがすごく素直な味がして美味しいのはやはり化学物質や添加物を使って無いからかな?「健康な葡萄が美味しいワインになる」という基本をしっかり押さえていて、信頼出来るワイナリーという印象を受けました。

【 カベルネフランのガイザー・ピーク 】

さらに北上してガイザー・ピークへ。ここは$20台のカベルネフランを出している数少ないワイナリー。カベルネフラン好きとしてはずーっと気になっていたにも関わらず、飲んだことが無かったのでぜひとも訪問したかったのでした。

石造りのワイナリーはすごく大きくて立派。でもどこか気さくな雰囲気が漂います。$10〜$20のワインがどれも美味しく素晴らしい。

様々な品種のワインを出していますがやはり一番は2002 Cabernet Franc Alexander Valley ($20)。ブラックベリー、チョコレート、葉巻き、スモーキー、ドライですごいタンニン。しばらく置いておいたらすごく美味しくなりそう。やっぱり期待通 りだった、と満足して次の目的地へ。

【 あなどれん、ローカルズ 】

ガイザービルの街を通 過中、「ローカルズ」の文字が。「どっかで聞いたような?」と思い寄ってみたら、「ローレル・グレンのワインはここで飲めますよ」と教えてもらった所でした。いろんなワイナリーを扱う集合型のテイスティングルームです。

このような集合型のテイスティングルームではたいていその日飲めるワインが決まっていて、仮に飲みたいワインがあってもそれが飲めない場合が多々あるのです。なのでここを知ってはいたものの、旅程に入れていませんでした。わたくしローカルズをあなどっていました。

カウンターに向かい「ローレル・グレンが飲みたいんですけど〜。」と言うと、カベルネ全3種類が登場。さらに「カベルネ好きなの?だったらこれも飲んでみて。」と次から次へとワインを注いでくれる。「それが好きだったらこれもいいよ!」と、開いてないボトルまでバカスカオープン!しかもこれ全部無料。すごいっ、すごすぎる。

「うちに置いてあるワイン全部試飲出来るからね!他に飲みたいのがあったら言って。」と50種類くらいワインが書かれたワインリストをくれる。 このペースで行くとここ一件だけで撃沈しそうだったので20分程でオーダーストップ。一番気に入った2001 Hawley Bedford Mountain Merlot($26)をお買い上げして店を出ました。ローカルズ、恐るべし。まだ飲んでいないワインが沢山あるのでまた来るぞ。

【 上品ロバート・ヤング 】

最後に訪問したのはロバート・ヤング。真っ白な納屋風の建物はいかにもワインカントリー。テイスティングルームもこじんまりしていて良い感じ。シャルドネが良いという噂を聞いて行ったけど、樽香が強すぎてあまりピンと来ず。その代わりボルドーブレンドの2001 Scion $52はドンピシャリ。バランスがよくソフトなタンニンが美味しい。

そろそろ日も暮れて来たので今日はここらで打止め。今日気に入ったワインを振り返ってみると、ほぼ全て$10ー$20台。本日のテーマは見事達成!

ドライクリークバレーやアレクサンダーバレーには安くて美味しいワインが沢山あります。ソノマでも北に位 置している為だいぶ遠いですが、わざわざ来る価値アリですね。

ワインでお腹一杯だったので、夜はヒルズバーグにあるつまみ系の店、Willi's Seafood Barへ行ってみました。日本サイズの海鮮小皿料理はどれもワインのつまみに最高。お腹一杯と言いつつも、ちびちびつまんでるうちに結構沢山オーダーしてしまいました。

お腹一杯になってホテルへバタンキュー。明日はいよいよ大本命のワイナリー訪問です。

ソノマday2のフォトギャラリーはこちら

2005.11.11

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。