Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.35 夏だ!白だ!シャルドネだ!その5:テスタロッサ

 

テスタロッサのワイナリー

 

 

テスタロッサのボトル

 

 

Michaud Chardonnay

 

 

先週ご紹介したスリーピーハロー畑つながりということで、今週はテスタロッサ(Testarossa Vineyard) をご紹介したいと思います。先週のメルマガを書いている時点で気分は既にテスタロッサへ飛んでいた(汗)くらい、私のお気に入りのワイナリーの一つです。

本日のお勧めワイン:
【 2002 Testarossa Castello Chardonnay $26 】
【 2002 Testarossa Michaud Vineyard Chardonnay $35 】
【 2002 Testarossa Sleepy Hollow Vineyard Chardonnay $35 】

テスタロッサがあるのはサンノゼからほど近いロスガトスという町。サンフランシスコからは南へ車で1時間程。サンノゼ郊外の高級住宅地という雰囲気の街です。高級外車のディーラーなどが立並ぶ町を通 り抜け、ワイナリーを目指します。

【 ありました 】

「本当にテスタロッサがあったりして〜。」なんて冗談で言ってたら本当にありました。ワイナリーの前にドーンと車が。「え!まさかオーナーがフェラーリだからテスタロッサ・ビンヤードなの?」と一瞬思いましたが、違いました。オーナーのロブ・ジェンセン氏がイタリア留学していた時のあだ名が「テスタロッサ」だったことが由来だそうです。(ちなみに「テスタロッサ」とはイタリア語で「赤毛」)。

ワイナリーは通 常一般公開していませんが、月に一度オープンハウスを開催しています。ワイナリースタッフや知人友人で運営されているオープンハウスはとてもアットホームで楽しい雰囲気。ワインだけでなくおつまみのチーズ等もふるまわれます。

【 どれにしようか迷っちゃう 】

さて、本題のテスタロッサのワインですが、とにかく「うまい!」の一言。どれを飲んでも本当に美味しいです。シャルドネもいいけどピノもいい!(ピノはまたピノ特集の時にでもぜひご紹介したいです。)どのワインがお勧めかと聞かれたら「全部」と答えてもいいくらい。悩んだ末、何種類かあるシャルドネの中から今回はこの3本をご紹介したいと思います。

まずは2002 Testarossa Castello Chardonnay ($26)。単一畑のボトリングを主とするテスタロッサですが、これはサンタバーバラとモントレーの葡萄のブレンド。すべらかな舌触り、エレガントで上品なスタイル。パイナップルやパパイヤ等のトロピカルフルーツたっぷりなワイン。単一畑ものよりも価格がお安いのも魅力です。

2002 Testarossa Michaud Vineyard Chardonnay ($35) は元シャローンのワインメーカー、マイケル・ミシャード氏の所有する畑からとれた葡萄を使ったもの。シャローンワイン地区にあるこの畑の葡萄はきりりとしたミネラル感が魅力。酸っぱいはちみつレモンキャンディー風味。シャローンのシャルドネを思いおこさせます。

そして2002 Testarossa Sleepy Hollow Vineyard Chardonnay ($35)はもちろん、あのタルボットが所有する畑の葡萄から出来たワイン。グレープフルーツ等のシトラス系の果 実味、元気なしっかりとした酸味。とてもエレガントで完成度の高いワインです。

【 マニアック情報 】

さて、ここでマニア好みの情報をひとつ。テスタロッサでは超少量 生産のワインをちょこちょことリリースしています。2002年ビンテージではRosella's Chardonnay (97ケース)、そしてBrosseau Chardonnay (なんと49ケース!)これを見つけたらぜひ飲んでみたいですね。

過去のビンテージでは1998 Testarossa Pisoni Chardonnay なんてのもあります。ピソーニがシャルドネなんて作ってたんですね〜。先日飲んでみましたが、トロリとしてて、ミネラルやシトラスやキャラメルが溶け込んで一体化したような、とても官能的なワインでした。

レアものを探して飲んでみるのもまた楽しいですね。

2004.8.19.

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪

site designed by: mimi iijima design

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。