Make your own free website on Tripod.com

テメキュラはロサンゼルスとサンディエゴのちょうど中間に位 置する。思えば私の始めてのワイナリー体験はここであった。そこまでの道のりは普通 の住宅街でとてもワイナリーがあるとは思えない。が、突然ワイナリー群が登場する。一見町起こしのような感じがしないでもないが…。
テメキュラワイナリー訪問記

 

歴史

テメキュラは海から21マイル内陸にあり、南にある2つの山が太平洋の冷たい空気を夕方にかけて注ぎこむ。昼温かく夜に冷え込むというこのテメキュラの気候は地中海沿岸のワインの産地に良く似ていると言われている。このためテメキュラもワインの生産に適しているのだ。

18世紀にフランシスカン修道士が始めて葡萄をテメキュラに植えたという説もあるが、実際にテメキュラの近代的ワイナリーが出来たのは20世紀中頃から。Kaiser-Aetna開発会社が9万エーカーの土地を1964年に買ったことから始まる。農業コンサルタントのディック・ブレークがこの土地に何を植えるかを決めることになった。オレンジを植えることが当然の選択と思えたが、気候と土壌の調査の結果 、ブレークは葡萄を植えることを提案した。1965年にブレークは試験用として2エーカーの土地に57種類の葡萄を植えた。 3年後Vincenzo Cilurzoが最初の商業用葡萄畑をテメキュラに作った。現在テメキュラには3千エーカー程の葡萄畑があると言われている。

テメキュラのワイン産業はその後華やかに発展することになる。テメキュラのワイナリーは毎年多くの賞を受賞するほどになり、1984年テメキュラバレーはワイン生産に適した土地としてテメキュラのアペラシオンを認められた。

back to top↑

 

行き方

テメキュラはロサンゼルスからなら南へ1時間半程、サンディエゴからは北へ1時間のところにある。どちらから来る場合でもI-15にのり、Rancho California Road.で降りればあとは東に向かってまっすぐ行くだけ。ほとんどのワイナリーはRancho California Road沿いにある。各ワイナリーにテメキュラバレーの詳細マップがあるのでとりあえず到着したらどこかでマップを確保するといい。テメキュラの地図はこちらへ。

自分で運転するならAAAの"Guide to California Wineries"という地図が必須アイテム。カリフォルニアワイナリーの地図と情報が非常に細かく載っている。北加、南加バージョンがあり各$3.95。AAA会員なら無料。

back to top↑

 

ワイナリー最新情報

Temecula Valley Wine Growers Association
テメキュラバレーワイン協会のHP。各種イベント情報やワイナリーの営業時間等最新情報を調べるならこちらへ。テメキュラのマップもあり。各ワイナリーへメールでの問い合わせも可。www.temeculawines.org

back to top↑

 

 

イベント情報

Harvest Wine Celebration
ハーベストバレルテイスティング。毎年11月に開催される。各ワイナリーをまわってワインとおつまみを楽しむイベント。$60。チケットは2日間有効。要予約。

Winter Barrel Tasting
ウインターバレルテイスティング。 毎年2月に開催される。$65。各ワイナリーをまわってバレルワインとおつまみを楽しむイベント。チケットは2日間有効。要予約。

予約とイベントの詳細はテメキュラワイン協会のサイトへ。

 

back to top↑

 

 

レストラン

Baily Wine County Cafe
Bailyがやっているレストラン。カリフォルニア&コンチネンタル料理。幅広いテメキュラワインをそろえていることで有名。ランチ&ディナーあり。要予約。Rancho California Rd.沿いTemecula Town Center内。909-676-9567.(未訪問)

Cafe Champage
Thorntonの中にあるレストラン。カリフォルニアクイジーンが楽しめる。日曜日のシャンパンブランチもあり。11時〜9時(火〜日)、11時〜4時(月)。32575 Rancho California Road, Temecula 92591. 909-699-0088。(未訪問)

Vinyard Terrace
Callawayの中にあるレストラン。オープンエアで眼下に葡萄畑を見下ろすロケーション。ランチは木〜日 11:30〜 4:00、ディナーは金&土 5:00〜10:00. 32720 Rancho California Rd. Temecula 92591. 909-308- 6661(未訪問)

軽食
Thornton tasting room, Baily, Mount Palomarにはデリがあり、軽食をとることも可能。

back to top↑

 

宿泊

テメキュラはロスからもサンディエゴからも近いので拠点はこのどちらかにした方がいい。テメキュラに泊まる必要は全然無い。

back to top↑

 

 

テメキュラワイナリー訪問記

Thornton Winery

Rancho California Rd.をワイナリーに向かって進むと一番始めに目につくとても立派なワイナリー。シャンパン方式のスパークリングワインを専門としている。ツアーもありシャンパン方式の作り方を教えてくれる。試飲は専用のテイスティングルームで着席して飲む方式。暖炉やパティオもありくつろげる。一品$10くらいでおつまみも頼めるので軽いランチにも良いかも。試飲はセットになっており、シャンパンコース($12)、白ワイン($7)、赤ワイン($7)、ローヌ品種($7)、デザートワイン($7)の5種で各々3〜4杯のワインが飲める。試飲はシャンパンコースを頼んでみた。まずはMillennium Cuvee($35)香り良し、舌ざわり良し、味のバランス良しでなかなか美味しい。 Non-Vintage Brut($22)はその前のCuveeと比べてしまうとちょっと直球すぎるかな?一番面 白かったのは赤ワインのスパークリング、Cuvee Rouge ($22)。葡萄はSyrah, Grenache, Terret Noirなので果実がぎっしりのスパークリング。なかなか美味しい。試飲にはおつまみでフランスパンとフレーバー付きクリームチーズもついてくる。これがとても美味しく、小腹が空いていたこともあって一気食いしてしまた。ちょっと優雅な気持ちになれるワイナリー。(2001年2月訪問)

back to top↑

Hart Winery

納屋の様な建物の中に小さなテイスティングコーナーがある。ここはいつもひっきりなしに人が来る。試飲は$4でグラス付き。グラスを持ってくれば次回から無料。ワインは10種程あり全部試飲することが出来る。リストの始めの方はまあこんなもんかなという味だったがどんどん下に行くにつれてどんどん美味しくなってきた。なかでも1997 Stonelake Merlot($26)は果実がぎっしりしまったフルボディのワインでとても美味しい。葡萄はサンディエゴのRamonaにある畑から買っているそう。サンディエゴもなかなか捨てたものではないじゃん!テメキュラの中ではレベルの高いワイナリー。(2001年2月訪問)

back to top↑



Baily Tasting Room

一年程前に新装開店してとても立派なワイナリーが出来た。石造りで中世のお城のイメージ。テイスティングカウンターも大理石ととてもお金がかかっている。もうかっているのかな?隣にはデリとカフェもありサンドイッチ、サラダ等が頼める。とても美味しい匂いがしていた。将来はアルコールもサーブする予定とか。試飲は$5で5種類飲めてグラス付。ここのワインはどれも無難に軽くまとめた感じ。ボディに欠けるがいやみがなく飲みやすい。特に1999 Chardonnay ($12.95) は甘めのシャルドネで、軽やかなフルーティーさがとても良い。暑い夏の日に冷たく冷やして飲んだら美味しそう。(2001年2月訪問)

back to top↑

Santa Margarita Winery

丘の上の未舗装道路を行くと小さなワインセラーのなかにテイスティングルームがある。とてもすてきな老夫婦が二人で運営している。テイスティングは無料。私達が行ったときはSauvignon Blanc($5) とCabernet Sauvignonの($10)二種類を試飲させてくれた。これが安いのにとても美味しい!知り合いのおじいさんとおばあさんにワインをご馳走してもらったような、とても温かい気持ちになれるワイナリー。(99年11月訪問)

今年もまた訪問しました。やっぱりテイスティングは無料。そしてなみなみついでくれる。今年のワインはChardonnay($5), 94 Cabernet Sauvignon($10), 96Cabernet Sauvignon($12)の3種類。どんなワインを作るかはその年の気分で決めるらしい。もともとはホームワインメーカーだったおじいさんは、15年前に5エーカーの土地を買いそこに葡萄の木を植えてワイナリーを始めたそうだ。毎年11月にワインをリリースし完売したらクローズしてしまうので、行くなら11月、12月中がいいだろう。いつも2ー3か月で売り切れるそう。ワインについて色々なことを語らうことができる素敵なワイナリー。(2000年11月訪問)

back to top↑

Cilurzo Vineyard&Winery

巨大な木造の倉の中にテイスティングルームがある。駐車場を登っていくと小さな池とピクニックテーブルがあり、何故か孔雀がいる。試飲は$1で6種類。このタカビーなテメキュラにおいてとてもリーズナブル。ワイナリーはとても混んでおり、カウンターのお姉さんも小人数で大勢を相手にしているのでゆっくり話しなんかしていられない。そしてあまり知識も無さそう。ここで特出していたのは98' Petite Sirah Reserve ($24.95)。他のワインは軽い感じなのに対してこれはフルボディ。ビーフシチューなんかと良く合いそう。(2000年11月訪問)

back to top↑

Callaway Vineyard&Winery

ゴルフクラブのCallawayが始めたワイナリー。巨大資本だけあってワイナリーはとても立派で広い。お土産物も沢山置いてある。試飲は$4で4杯。最近ワインのラベルを一新したそうで、以前よりおしゃれになっていた。テイスティングするともらえるグラスも前よりお洒落。これならもらってもうれしいデザイン。新しいラベルには"Coastal"と書いてあるが、これは葡萄をナパ、ソノマ地区から買ってワインを作っているためだそうだ。テメキュラ産の葡萄もあるが量 は少ないらしい。ワインはどれも$10前後と安く、どれも軽く飲める感じ。一番良かったのは1999 Coastal Chardonnay($10)。とてもさっぱりしている。Callawayのワインはどこでも手に入るのでワイナリーで買う必要は無い。ワイナリーの向いには葡萄畑を見下ろすカフェがあり、食事ができる。天気の良い日には良さそう。(2000年11月訪問)

back to top↑

Van Roekel Vineyards

風車があるちょっとオランダちっくなワイナリー。試飲は有料でグラスがもらえるが、このグラスが非常に趣味が悪い。ワイナリーにはお土産やチーズが沢山あり、私達も"We serve only the finest California wines. Did you bring any?"(私達は最高のカルフォルニアワインしか出しません。あなたも持ってきましたか?)と書かれた玄関マットを買ってしまった。ワインではSyrahが一番良かったが、買うほどのものでは無かった。(2000年11月訪問)

back to top↑

Mount Palomar Winery

建物がお洒落で、ギフトショップやデリがかわいい。試飲は$3で6種類。私達がいったときはとにかくものすごい人でごったがえしていて落ち着いて飲めなかった。ワインをそそいでくれるひともなんだか業務的。ワインも$20くらいで味は並。しかし、ここのデリのフォカッチャ(小さいピザ)は実に美味しい!新鮮なオリーブオイルとハーブ、トマトの味が最高!テラスでゆっくりすわって食べれる。(99年11月訪問)

back to top↑

Wilson Creek Winery

テメキュラのワイナリー群の一番奥にあるワイナリー。テイスティングは$4でグラスがもらえる。建物が新しくきれい。最近できたのかも。問題のワインは???という感じ。???なのに結構高い($20前後)。1996 Miramonteという赤は今まで味わったことのない妙なお味でした。 (99年11月訪問)

back to top↑




 




ご意見、ご感想お待ちしています♪

site designed by: mimi iijima design

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。