Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.82 のんびりゆったりソノマバレー その3:カンディ

水辺ががさわやか

 

ラベルデザインリニューアル

 

リザーブがぐっとレトロな高級感

 

ソノマバレー特集、第三段はカンディ(Kunde Estate Winery & Vineyards)をご紹介したいと思います。カンディはコストパフォーマンスの良い安くて美味しいワインで定評のあるワイナリー。

本日のお勧めワイン:
【 2003 Kunde Estate Magnolia Lane Sauvignon Blanc Sonoma Valley $15 】
【 2001 Kunde Estate Cabernet Sauvignon Sonoma Valley $21 】
【 2003 Kunde Estate Chardonnay Sonoma County Reserve $35 】

カンディワイナリーの設立は1989年。これだけ聞くと「わりと新しいワイナリーなんだ。」と思ってしまいますが、カンディ一族の葡萄との関わりは100年を超えます。

カンディ家がソノマバレーに来たのは20世紀初頭のこと。カリフォルニアワイン産業のパイオニアと言われるジェームス・ショーとジェームス・ドランモンドからワイルドウッド畑を1904年に譲り受けます。以来、1989年のワイナリー設立までカンディ家は葡萄栽培を専業としてきました。カンディの葡萄の多くはセバスティアーニに売られていたそうです。

【 マルゴーの葡萄もあるのです 】

カンディがあるのはケンウッドからやや南に下った所。カンディ、ケンウッド、シャトー・セント・ジーンと3件同じ道路沿いに建っています。(近いといってもカリフォルニア縮尺なので、実際は相当離れてますが。)

カンディのワイナリーは噴水に囲まれたとてもきれいな所。周囲はカンディ所有の葡萄畑です。カンディの畑は2000エーカーもの広さに亘り、「ソノマバレーで最も広い単一所有の畑」と言われています。畑の中には7つの異なるマイクロクライメートがあり、下はソノマバレーから、上は山裾まで広がっています。

カンディが最初に所有したワイルドウッド畑には、ジェームス・ショーとジェームス・ドランモンドがヨーロッパから持ち込んだシャトー・マルゴーとシャトー・ラフィット・ロートシルトのカベルネの木が植えられていて、今も現存しているそうです。この木からとれたワインは一体どんな味がするのか、飲んでみたいですね。

【 巨大ワインケーブ 】

カンディのワイナリーに行くと、建物の隣にぽっこりとした古墳のような葡萄畑があるのに気づきます。そして良く見ると地面 には入り口が。実はここ、葡萄畑のある小山の地下に造られた、ワイン熟成用のワインケーブの入り口なのです。ワイナリーではケーブツアーも行っていて、実際に中を見ることが出来ます。

中はあまりにも広く、一旦迷ったら自力では出れなくなってしまうくらい。ツアー中勝手に単独行動して、本当に骨になって発見されないよう注意です。ケーブの奥にはVIPダイニングルームがあり、食事会をすることも出来ます。なんとこの部屋はシャルドネ畑の50m地下にあるそう。閉所恐怖症の人には恐怖のダイニングルームかも!?

【 みんなにお勧め 】

カンディのワインは「ワインを知らなくても楽しめるワイン」。果 実味がたっぷりでバランスが良く、飲みやすい。誰が飲んでも美味しいワインを造っています。そして価格が安いのも魅力。「ワインはあんまり飲まないなぁ」という方にもお勧め出来ます。

カンディのワインは、お買得感溢れるエステートシリーズ、単一畑のビンヤード・デジグネートシリーズ、リザーブ、そしてワイナリーでのみ販売のテイスティングルームシリーズの4種類があります。どれも美味しいですが、やはりお勧めはエステートシリーズ。

2003 Kunde Estate Magnolia Lane Sauvignon Blanc Sonoma Valley ($15)はいちじく、桃、メロン、グレープフルーツ、スペアミント風味。リッチで洗礼された味わい。ドライでクリスピィな酸味、すっきりとしてさわやかな飲み口。軽めのシーフードにとても良く合いそうです。生産量 1200ケース。

2001 Kunde Estate Cabernet Sauvignon Sonoma Valley ($21)は完熟ブルーベリー、ブラックベリーの果 実。オリーブ、モカ、バニラ、キャラメル風味のオークの香り。しっかりしたタンニン。2001年は雨量 の少ない夏で、収穫量が少なかったためとても風味が濃縮した葡萄が出来たそう。そのためこのワインも例年に比べてとてもリッチで厚みがあり、かつバランスの良いワインになっています。グリルしたヒレ肉に合いそう。生産量 15000ケース。

そしてもう一つ、リザーブシリーズからのお勧めは2003 Kunde Estate Chardonnay Sonoma County Reserve ($35)。桃、レモンライムの濃縮完熟果 実。オークの香り。バタースコッチ風味。シトラス系の酸味が効いた深みのあるワイン。リザーブシリーズのラベルは創業者、ルイス・カンディのオリジナルラベルのレプリカだそうで、他のカンディワインとは雰囲気が全く異なります。一見カンディとは判らないくらい。高級感あふれるラベルに勝るとも劣らないワインです。生産量 2700ケース。

ワイナリーでしか買えないテイスティングルームシリーズにも、良いワインが沢山あります。近所を通 る時にはぜひワイナリーに足をのばしてみてください。

2005.7.28

カンディ・マグノリア・レーン・ソーヴィニョン・ブラン・ソノマ・ヴァレー[2000]750ml

カンディ・マグノリア・レーン・ソーヴィニョン・ブラン・ソノマ・ヴァレー[2000]750ml

価格 1,880円 (税込1,974円) 送料別

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。