Make your own free website on Tripod.com

 

2001 Edna Valley Arroyo Grande Valey
10th ANNIVERSARY HARVEST CELEBRATION

 

毎年11月に行われるサンルイスオビスポのワインと料理のイベント、Harvest Celebrationに行ってきた。



公園の広場が会場。

会場はTalleyから少し奥に行った所にあるBiddle Regional Parkという公園。公園の広場にテントが3つたてら れている。サンタバーバラの収穫祭に比べるとだいぶ規模が小さい。会場も特に仕切りは無く、だれでも気軽にのぞ ける感じ。訪問者の数もそんなに多くないのでとてものんびりした雰囲気だ。天気も秋晴れの涼しい日だったのでと てもすごしやすい。
まずチェックインカウンターに行くとグラスとプレートを渡される。このグラスがちゃんとした グラス。しかもロゴ無し!これは珍しい。ロゴが無いのは自分の名前をエッチングしてくれるサービスがあるからだ そうだ。でも普通のグラスとして使いたいのでエッチングはパスしよう。

サンルイスオビスポにはワイナリーを公開していないところが多いので飲んだことが無いワイナリーばかり。早速試 飲へ。まずはBrucher WineryでChardonnayをもらう。シトラスの利いた果実がさわやか。ちょっとバターの 香りの心地よい酸味。ピノは無いのかと聞いてみたら、この地域の葡萄を使っていないので出せないとのこと。なんとそんなルールがあったとは。うーんちょっと残念。

とりあえずどんなワイナリーがあるのが物色していたら夫が誰 かと話をしている。誰かと思ったらTantaraのワインメーカーJeffさんだった。



どれから飲もうかな〜。
Tantaraのオープンハウスで挨拶をしたのを覚えていてくれたそうだ。(こっちはしばらく誰だか判らなかった。ははは…)親戚 に日系人 がいるので日本人に親近感があるらしい。今回Tantaraも参加しているので来たとのこと。気さくなJeffさんにま すますTantaraの株がアップ!



食べ物が美味しい!

さて、とてもお腹がすいていたのでスープを飲んでみる。むむっ!美味しい!!食べ物には全然期待していなかっただけに 喜びが大きい。そのあとリブ、ブリトー、パスタ、ソーセージ、ケージャン風クレープ等など色々食べたがどれもと ても美味しい!極めつけはPismo Beachのシーフード屋さんがふるまっていたマグロのたたきサルサチップ。こん な所で和風の味に出会うとは。何度も食べにいってしまった。デザートも巨大チーズケーキ、パイ、エクレア、シュ ークリーム、コーヒーととどまるところを知らない。アメリカのイベントでは珍しく食べ物の充実度が非常に高かっ た。
さて話をワインに戻そう。Domaine Alfredは2001年のピノのバレルテイスティング。ぎゅっとしまった果実が美 味しい。Edna Valley Vineyard 2000 Edna Valley Pinot Noirは酸味の利いたピノ。重めの食事とあわせると さっぱりしていて良い。Kynsi Winery Paragon Pinot Noirも酸味の利いたピノ。この地区の特徴なのかな?Laetitia Vineyard1999 Chardonnayはクリスピー。Saucelito Canyon1999 Zinfandel は新鮮な葡 萄をぎゅっとしぼったような美味しさ。OldVineのちょっと焦げたような特徴も印象的。

Stephen Rossの2000 Pinot Noirはぎゅっとしぼった果実、ちょっと焦げたような風味、この地域の特徴をうまくまとめた飲みやすい ピノ。Brophy Clark 1999 Pinot Noir Santa Maria Valley は酸味の強めなピノ。コクがあり肉にあいそう。 口がさっぱりする感じ。Nicholsは1997LaColline Pinot Noirと1998Edna Ranc hPinot Noirを試飲 。ぎゅっとしまった果実。NicolsではワインメーカーのKeithさんとおしゃべりをしていたら個人的に行う予定の ツアーとテイスティングにご一緒させてもらえることになった。やった!



藁の上で休憩休憩。
Qupeも参加していた。1999 Talley Rinchon Chardonnayはぐっとくる美味しさ。ちょっとほかのワイナリーと一線を違える。はちみつの甘さ、オーク の香り、とろけるようなすべらかさ。まさしく黄金のしずくといえる一品。Tallyのピノも期待していたが今回はシ ャルドネしかだしていなかった。残念。



初オークション。

そうこうしているうちにオークションが始まった。オークションを見たのはこれが初めてだったが、思い描いていた ぎょうぎょうしい雰囲気とは違いとても和やか。オークショニアも冗談交えて盛りあげる。誰でも気軽に参加できる 楽しいオークションだった。これだったら(元手があれば)参加したいかも。

サンルイスオピスポの収穫祭は規模が小さいのでのんびり楽しめる。各ワイナリーの人ともゆっくりおしゃべりが出 来てとてもアットホーム。

ご飯も美味しいし、グラスは良いし、飲みまくり食べまくりでもうお腹いっぱいの大満足 な収穫祭だった。また、収穫祭に行くと次の日に開催されるオープンハウスの情報がもらえる。一般 公開しないワイナ リーが多いサンルイスオピスポではとても貴重な機会。明日が楽しみだ。

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪

site designed by: mimi iijima design

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。