Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.18 シラーの匠:キュペ

キュペのラベル

 

大のLAドジャーズファンという
ボブ・リンクイスト氏

 

ABC/Qupeのワイナリー

 

Bien Nacido Hillside の畑

 

Central Coast Syrah

 

Alisos Vineyard Syrah
単一畑シリーズはラベルの右上に
丸いマークが入っています

 

シラーの作り手として私がまずご紹介したいのがキュペ(Qupe)です。キュペのオーナー兼ワインメーカーはボブ・リンクイスト氏。まだ誰もシラーを作っていなかった1980年代からローヌ品種のワインを作り続けている、ローヌ先駆者の一人。ドジャーズのTシャツとジーンズが似合う笑顔の素敵なおじさんです。

本日のお勧めワイン
【 2002 Qupe Central Coast Syrah $16 】
【 2002 Qupe Bien Nacido Syrah $25 】
【 2002 Qupe Syrah Bien Nacido Hillside Estate $40 】
【 2001 Qupe Alsos Vineyard Syrah $35 】
【 2002 Qupe Purisima Mountain Vineyard Syrah $30 】

親しみやすいが根はしっかりした印象のボブ。キュペのシラーは彼の個性がそのままワインになったような感じのもの。価格が安いのに品質は一定以上。どのビンテージでも常に美味しいワインを提供してくれます。

【 ジムとの出会い 】

ワイナリーがあるのはサンタバーバラのビエンナシード。オーボンクリマ(Au Bon Climat)のジム・クレンデネン氏とワイナリーを共有しています。

二人が出会ったのはザッカメサワイナリー(Zaca Mesa)でした。ザッカメサのツアーガイドとして雇われたボブは、当時ワインメーカーだったケン・ブラウン(現バイロンのワインメーカー)と、アシスタントワインメーカーだったジム(現オーボンクリマ)にワイン作りを学びます。そして1982年にキュペを立ち上げました。

ザッカメサで深い友情を築きあげたボブとジムは、1989年に共同でビエンナシードにワイナリーを建設します。そして現在でもワイナリーの設備とスタッフを共有しています。

【 ワイン造りはガテン系なのだ 】

ビエンナシードの畑の奥に建つワイナリーは、ぱっと見た感じただの納屋にしか見えません。巨大な倉庫のようなワイナリーは機能重視。飾り気無くひたすらワイン作りのみを追及した造りになっています。キュペのワイナリーを訪れると、ワイン造りとは決して華やかなものではなく、農業であり肉体労働であることを感じさせます。

キュペのワイナリーは通 常一般公開しておらず、訪問は不可。但し年に2回、サンタバーバラワインフェスティバルの時だけオープンします。この時期にサンタバーバラ近辺に行かれる方は是非訪問してみてください。ワイン作りの原点に触れることが出来ると思います。(ちなみに次のオープンハウスは5月16日です。)

【 2002は良い! 】

キュペを代表するワインとしてCentral Coast Cuvee Syrah ($16)とBien Nacido Syrah ($25), そしてBien Nacido Hillside Estate ($40)があります。これらはキュペが長い間、一定の品質を保って提供し続けてきたワインです。

2002 Central Coast Syrah ($16)は11箇所の異なる畑からとれた葡萄のブレンド。ラズベリーやスパイス、タイムやショウガの香り。ビッグでジューシーなワインです。生産量 が14500ケースと多く値段も安いので、求めやすく期待を裏切らないワインです。

2002 Bien Nacido Syrah($25)はボブいわく、「今までの中で最高のビエンナシード」だそうです。濃いルビー色。スモークや猟鳥の香りが濃いフルーツと抜群のバランスを保っています。しっかりしたタンニンと良い酸味が味わえます。

2002 Syrah Bien Nacido Hillside Estate ($40)はビエンナシードの畑の中でも丘の上にあるヒルサイド地区の葡萄を使ったもの。リッチで濃縮した果 実。スモークや猟鳥の香り。良い酸味と甘いタンニン、絶妙なバランスそして非常に長いフィニッシュが特徴です。こちらは2004年の8月リリース予定。もうしばらくの我慢ですね。

【 単一畑も見逃せない 】

長い間キュペではCentral CoastとBien Nacidoの2種類のシラーのみを生産して来ましたが、ここ数年単一畑シリーズの生産も増えてきました。これはシラーの畑が増え、品質の高い葡萄の供給量 が増えたからだそうです。ボブはCentral Coastのために買い付けた葡萄の中から特に良い葡萄を選り分けて、単一畑としてボトリングしています。単一畑にするかはその年の出来次第なので、ビンテージによって単一畑の種類が変わります。

様々な単一畑シリーズがリリースされていますが、その中から2種類ご紹介しましょう。一つは2001 Alsos Vineyard Syrah($35)。サンタバーバラの中央にある畑からとれたこのワインはアルコール度数が13.5%と低く抑えられ、非常にエレガントでスタイリッシュで軽やかなワイン。シラーが重すぎてあまり好きでは無いという方にもお勧めです。生産量 210ケース。単一畑シリーズは生産量がどれも少ないので見つけにくいのが難点です。

もう一つは2002 Purisima Mountain Vineyard Syrah($30)。サンタバーバラのベックメンワイナリーが所有する畑の葡萄を使っています。プラム、ラズベリー、ラベンダー、ペッパーとスパイスの香り。フルボディだけどエレガントで絶妙なバランスとまろやかなタンニンの味わい。2002ビンテージの中ではBien Nacidoと並んでボブのお気に入りだそうです。生産量96ケースと超少量のため見つけるのが大変ですが、もしあったら買いですね。

価格がリーズナブルなのに味はしっかりしたキュペのシラー。私のイチオシです。是非お試しあれ。

2004.4.22

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪

site designed by: mimi iijima design

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。