Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

vol.2 カリフォルニア地震状況:がんばれパソロブレス! 12.29.2003

 

倒壊した時計台

 

 

崩れ落ちたターリーの樽

 

12月23日(月)午前11時16分、カリフォルニアでマグニチュード6.5の 地震がありました。被害が最もひどかったのはカリフォルニアのパソロブレス という街。サンフランシスコとロサンゼルスのちょうど中間に位置するこの パソロブレスは、近年良質なジンファンデルとシラーを産出する地域として 注目されています。

街の中心は1ブロック程というとてもこじんまりした所。夜レストランに 出かけるとワイナリーのスタッフや、ワイナリーで出会ったお客さんに ばったり出くわすようなアットホームな街です。

今回の地震では街の中心にある歴史的な時計台が崩壊し、2人が死亡した のをはじめ、建物等の被害総額が65億円を超える勢いだということです。 ワイナリーの被害は全体的にみれば深刻では無いものの、より震源に近い、 街の西側のワイナリーではボトルや樽が割れてしまう被害がありました。

パソロブレスのワイナリーでも最も西側にあるジャスティンでは2段に重ねて いた樽が崩れ、何百ガロンものワインが失われてしまいました。その中には ジャスティンで最も人気のあるワインの一つ、2002 Isosceles (アイソーソレス) も含まれていたそうです。さらにテイスティングルームにある何百本もの ワインが割れてしまい、現在その処理に追われているそう。B&Bも営業して いたジャスティンでは宿泊予約も全てキャンセル。結婚式もキャンセルしな くてはならなかったそうです。

ターリーでも被害は深刻だったようです。地震が起こった瞬間重ねていた樽が 崩れ落ち、まるでワインの洪水のようになってしまったとか。ターリーでは 2002年、2003年ビンテージの60〜100バレル程のワインがだめに なってしまったそうです。2002年はとても良い年だっただけに残念です。

ドーバーキャニオンでは2003年シラーのほとんどを失ってしまいました。 1年ものと2年もののフレンチオーク樽も壊れてしまい、行き場を失った 7トンものジンファンデルがステンレススチールタンクの中で立ち往生して います。至急10本の樽を手配しなければならないそうです。

現在パソロブレスのワイナリーでは協力して被害の後処理にあたっているものの、 継続する余震で思うように作業がはかどらないとか。得に小さいワイナリーの 被害は直接経営にひびくため深刻だそうです。

これからワインカントリーとして大きく成長しようとしていた矢先の地震。 これにめげずに是非がんばって欲しいと思います。応援する意味もこめて、 週末はパソロブレスのワインを買おうかな。

※参考資料:Wine Spectator online

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪

site designed by: mimi iijima design

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。