Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.79 のんびりゆったりソノマバレー

位 置関係はこんな感じです

 

のんびりしてますね〜

7月に入り夏本番。アメリカでは7月4日の独立記念日も過ぎ、いよいよ夏休みモード全開です。カリフォルニアのワイナリーも一番賑やかになる時期。ワイナリー巡りを計画されてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

【 対照的なナパとソノマ 】

さて今回からはナパに次ぐワインカントリー、ソノマについてとりあげたいと思います。何故ソノマかというと、私がとっても気に入っている場所だからです。

カリフォルニアワインというとナパが超有名ですが、有名なだけあってナパのワインカントリーはかなり観光化されています。大通 りの両側に軒並みワイナリーが建っていて、ちょっと風情に欠ける感じ。マニアック好みな私としては、あまりにもメジャーすぎてやや面 白みに欠ける。

【 のどか〜 】

ソノマはナパから山一つ超えた西側に位 置しています。ナパのすぐ隣なのに、全く印象の異なるワインカントリーが広がります。 一面の葡萄畑はもちろんのこと、野菜畑もあり、牛や馬がのんびり草をはみ、道をトラクターが横断する、とてもゆったりした所です。

ワイナリーもぽつん、ぽつんと畑の中に点在していて、ワイナリー銀座状態のナパとは対照的。心無しか、ソノマで出会う人たちも皆気さくでアットホーム。こちらもつられてまったりしてきてしまいます。

【 ワインも一級 】

「でもナパの方が有名だから、ワインもナパの方が美味しいんでしょ?」と言うアナタ、大いなる誤解です。ソノマのワインも、ナパとタメ線はるくらい美味しいのですよ。そしてナパよりも価格が安いことが多いのです。

さらに、様々な気候や地形が混在するソノマには、多種多様な品種の葡萄が育ちます。南に位 置するソノマバレーではボルドー系が主流ですが、北のロシアンリバーバレーに移動すると一転してピノノアールがメイン。さらに北のドライクリークバレーに行くと、今度はジンファンデル。と、気候やワインの変化を楽しめるのもソノマの魅力です。どこに行ってもボルドー系が主流のナパとは対照的ですね。

【 ソノマの中のソノマバレー 】

さて、様々な良質のワインを産出するソノマですが、今回はその中のソノマバレーをフューチャーしたいと思います。

「え?ソノマとソノマバレーって違うの?」と思いますよね?私も最初混乱したのですが、一般 に言う「ソノマ」とは、ソノマカウンティのことを指します。日本で例えると「港区」みたいなものです。

そのソノマカウンティの中にドライクリークバレー、ロシアンリバーバレー、ソノマバレーと言うワイン地区が存在しています。(「港区」の中には六本木、青山などのショッピングエリアがある。みたいな感じ。)

ソノマバレーはソノマカウンティの中でも南側に位 置します。サンフランシスコから45マイル(約一時間ほど)と近く、ちょうとナパから山一つ超えた西側。地形もナパバレーに似ており、ナパを小さくしたような感じです。 主な葡萄品種はボルドー系、シャルドネやジンファンデル。価格に対してとてもクオリティの高いワインが多いです。

ソノマバレーはソノマカウンティの中でも最も歴史が古いワイン地区。100年以上前からワイン造りを行っています。歴史的な町並みが今も残るとても雰囲気のある場所です。もちろん、素晴らしいワイナリーも沢山ありますよ。

次回からは、このソノマバレーのワイナリーをご紹介していきたいと思います。

2005.7.7

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。