Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.84 一瞬にして20年ものワインが出来る装置

パーフェクトソムリエ
ボトルの上下に取り付けた装置から磁場が発生するという。今回開発された装置はどんなものなんでしょうね?

なんと、一瞬にして20年寝かせたのと同じワインが作れるようになったそうですよ!

Yahoo!Newsに掲載されていたので御存じの方も多いかと思いますが、開発したのは浜松市、新都田のベンチャー企業、「イノベーティブ・デザイン&テクノロジー」。田中博社長(45)によると、数秒間電気を通 しただけで20年もののワインが出来る装置を開発したという。

過去にも「ワインがより熟成する」という、うたい文句で「パーフェクト・ソムリエ」という製品が発売されましたが、この「パーフェクト・ソムリエ」は消費者が買ったワインに使うものであるのに対し、今回開発された装置はワインの製造工程に導入するものだそうです。

【 電解ワイン 】

「パーフェクト・ソムリエ」は磁場でワインボトルを挟み、ワインをまろやかにする装置でしたが、今回開発された装置は電解(電気分解)を利用したもの。

電解とは水溶液に電流を流して液内の物質を化学変化させ、別 の物質にする技術。最近話題のアルカリイオン水とか、三洋電機が発売した洗剤のいらない洗濯機もこの電解を利用した商品です。

ワインを電解すると、アルコール分子の周りに水分子が配置され、水和性が向上。本来ならば長期間の保管で水とアルコールが混ざりあって出来るまろやかな味と香りが瞬時に得られると言う。

自分で書いてて寝そうになっちゃいましたが、要は普通 なら長い時間をかけてまろやかになるワインが、この装置を使うと一瞬でその状態になるということですね。電圧を変えるだけで熟成の度合いを調整することも可能だそうです。

【 効果 も実証 】

「ホントかよ〜」と思ってしまいますが、イタリアのローマ大学教授はその味の劇的な変化に驚いたというし、サンフランシスコ近郊のカリフォルニアワイン工場でも装置の効果 がすぐに証明されたといいます。

さらに、貯蔵時間の短縮でコストが20%ダウン。熟成の管理が出来、日程を組めるようになったという。そして半年以上たっても品質が劣化しないことも実証されたそうです。

【 ワイン造りって…? 】

このような技術、賛否両論あると思いますが、結構売れそうな気がします。値段がいくらか判らないので何とも言えませんが、大量 生産のバルクワインを製造しているワイン会社ならば導入を検討するのではないでしょうか。

製造コストが下がって、さらに質が向上するとなれば一石二鳥。2ドルワイン、チャールズ・ショーの強力ライバルが登場するかもしれませんね。

でも大手のワイナリーがリザーブワイン等にこの技術をどんどん使い出したら一体どうなってしまうのでしょう?人と自然が造り出すワインの面 白みというものが崩れていってしまう気がします。実際最初に導入を検討したイタリアでは、伝統的手法を重んじる風土から導入に至らなかったといいます。

私が気に入っているワイナリーがこの装置を購入したらちょっとショックかもしれません。もうそこのワインを買わなくなってしまうかも…。

田中社長は米電解技術製品販売会社の社長らと共同出資し、今月中にも装置の営業販売を行う会社を現地に設立する予定だとか。どこのワイナリーが購入するのか、要注目ですね。

2005.8.11

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。