Make your own free website on Tripod.com

 

♪♪♪ 美味しい楽しいカリフォルニアワイン ♪

メールマガジン登録   メールアドレス:

 

Vol.99 ワイナリーの歩き方:ナパ訪問記

Renardのワイン

Bayard Foxさん

Twomeyのテイスティングルーム
グラスを置く位置まで決まってるのかな?

Hallのワイン

Neyersのワイナリー

Neyersのワイン。
どれも美味しかった〜。

 

ワイナリー巡り4日目。今日はナパバレーをまわります。

【 まじめでしっかり者の狐 】

最初に向かったのはレナード・ワイン。狐のラベルが印象的だったのと、ペイ畑のシラーを使っているのでアポイントをとってみました。バレンタイン・ビンヤーズの施設でワインを造っています。

オーナー兼ワインメーカーはベイヤード・フォックスさん。名字が「狐」なので狐のラベルにしたそうです。自分が書いたらくがきの狐の絵をラベルにしようと思っていたが、デザイナーの奥さんから待ったがかかり、現在のデザインになったとか。その代わり、らくがきの狐はコルクに刻印されています。これが結構かわいい。

ワイナリーを訪問した時、丁度シラーの葡萄が続々搬入されていました。絞り立てのジュース等を試飲しながら醸造工程を丁寧に説明してくれます。ベイヤードさんはしっかりした優しいおじさんという印象。 そしてワインはどれもエレガント。

特に2003 Santa Rita Hills Syrah ($25)は香りがピノノアールみたい。かっちり、しっかりとしていてドライ。スパイシーで美味しい。サンフォードの近くで採れた葡萄を使っているそう。

ベイヤードさんは食事に合うローヌ品種のワインを造りたいと思っているそうで、ワインはどれも上品でエレガント。そして値段が$20台とリーズナブル!カジュアルだけど本物嗜好。他のワインも色々飲んでみたい!

【 さすがシルバーオーク 】

29号線を南下していると、「トゥーミー」の表示が。こんなワイナリーあったっけ?と思い訪問してみる。 外見は白いかわいい建物。しかし一歩中に入るとピカピカのテイスティングルーム。むむむっ!?試飲が高かったらどうしよう…。と思うも、入ってしまった手前後には戻れないので試飲することに。「試飲は$5でグラス付きですよ。」と聞き内心ホッ…。

ここはシルバーオークがオーナーの、メルロー専門のワイナリー。シルバーオーク=カベルネというイメージを壊したくなかったので、別 のワイナリーを立ち上げたそうです。

2002 Merlot ($65)はビッグ、チョコレートのような渋み、甘味、まろやかなクリーミーさ。モカ風味。相当美味しいこのメルロー!ソフトなタンニン、魅惑的で飲むのを止めたく無いワイン。

ソーダキャニオンの畑の葡萄を使い、フレンチスタイルの醸造方法を使用しているとか。さすがシルバーオークという感じ。$50以上のワインはめったに買わない私ですが、これはお買い上げしてしまいました。

【 安ウマナパカベルネ 】

さらに29号線を下ると「ホール」の看板が。これも無かったよな〜。と訪問してみる。入り口のオブジェから内装まで、全部赤白で統一。テーマカラーは赤のようです。

オーストリア大使のオーナーが、公式文書に用いたロウの捺印からラベルをデザインしたという。眼力がとても強いオーナー。何かの雑誌で見覚えがあります。

ナパの一等地だし、お金かかってそうな内装だし、また高いボルドー系のワイナリーかな〜?と思っていたら、意外にワインが安い!

特に2002 Hall Cabernet Sauvignon ($35)は舌にソフト、甘い果実、まろやかなタンニン、エレガントでバランス良く控えめで美味しい。自己主張せず、一歩さがって食事を支えるような、禅的なワイン。これで$35は素晴らしい。「値上げしないでくださいね〜。」とまた駄 目もとでお願いしてワイナリーを後にしました。

【 どうしてこんなに美味いのか 】

最後に向かったのはナイヤーズ。以前買って飲んだグレナッシュがめちゃうまだったのでアポイントを取りました。訪問直前に知ったのですが、ワインメーカーはターリーのアレン・ジョーダン。これはますます期待出来そうです。

ワイナリーがあるのはナパの東側の山の上。こぎれいで上品なワイナリー。そして試飲の相手をしてくれたフィービーさんもすごくチャーミングでかわいい。男性陣は彼女の笑顔にメロメロ間違い無し。

ワインは白も赤も本当に素晴らしく、どれも最高に美味しい。どれがお気に入りかと言われれば、「全部」と答えてしまうくらいの完成度。バランス良く上品で高品質なワインだけど、値段は$20〜$50とリーズナブル。下手に高いワインより全然格上。ナイヤーズのワインはどれを買っても間違い無いでしょう。

シュールリ−製法などの、フレンチスタイルの醸造方法を採用しているというナイヤーズ。美味しさの秘密はアレン・ジョーダンの腕っぷしなのでしょうか?それとも完全有機栽培の葡萄の味がそうさせるのでしょうか?

思い出したらまた飲みたくなってきてしまいました。今日はナイヤーズのシャルドネを開けようかな。

ナパのフォトギャラリーはこちら
2005年10月11日訪問時 Part1
2005年10月11日訪問時 Part2
2005年10月12日訪問時

つづく

2005.11.25

 

 




ご意見、ご感想お待ちしています♪ 管理人 mimi iijima

このサイトの著作権はサイトの管理者にあります。 無断転載はご遠慮ください。